信玄餅と筑紫もちは起源はどっちが先?

「お餅にきな粉をまぶして黒蜜をかけて食べるお菓子」といえば、何を思い出しますか?
山梨県で有名な『信玄餅(しんげんもち)』でしょうか?
それとも福岡県で有名な『築紫もち(つくしもち)』でしょうか?
なんとも似ている2つのお菓子。
その起源についてまとめてみました!




山梨県の「信玄餅」とは

「信玄餅」とは、お餅にきな粉をまぶし、黒みつをかけて付属の楊枝で食べるお菓子です。
信玄餅は主に2つの老舗菓子屋のものが知られています。

引用:kikyouya.co.jp

明治22(1889)年創業である老舗和菓子屋「桔梗屋」が、昭和43(1968)年に「桔梗信玄餅」を販売したのが初めといわれています。
桔梗信玄餅は、餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげた求肥(ぎゅうひ)を使用しており、たっぷりのきな粉をまとって容器にはいっています。
桔梗屋が独自開発した、こだわり濃厚な黒みつをたっぷりかけていただきます。
アイスやパンなど他の食品メーカーとコラボレーションし、そのおいしさは様々な形へ姿を変えて広がっています。

引用:travel.mdpr.jp

桔梗信玄餅の4年後、昭和47(1972年)に発売されたのが「金精軒」の「信玄餅」です。
こちらは商標登録されており、「信玄餅」と名乗るものは金精軒のもののみということになります。
信玄餅は、日持ち加工(求肥)を抑え、もち米の配合比率が高いお餅を使用しています。
きな粉の量や黒みつの量も抑え、お餅本来の味にこだわった仕様となっています。
また、防腐剤や合成保存料なども一切使用しておらず、賞味期限も短い設定で販売されています。




山梨県の「信玄餅」の起源・由来

引用:douzoukenkyu.blog101.fc2.com

山梨県で有名な信玄餅ですが、その由来は2つあると言われています。

1つは、山梨県で有名な「安倍川餅」から由来したという話。
安倍川餅はお餅にきな粉をまぶし、その上にたっぷり白砂糖をまぶしたもので、山梨では仏壇に供え、お盆に食べる風習があります。
実は安倍川餅も、歴史的に起源があります。
徳川家康が静岡市西部にある安倍川岸の茶屋に立ち寄った際、茶屋の店主がつきたてのお餅に黄な粉をまぶしたものを、「安倍川に流れる金の粉をまぶしてつくる、金な粉餅です」と献上したそうです。
家康は、これを大変喜び、安倍川にちなんで「安倍川餅」と名付けたという言い伝えがあります。

なるほど、確かにお餅に黄な粉をまぶした安倍川餅には信玄餅のルーツがありそうですね。

もう1つは、甲斐の戦国大名である武田信玄が、戦に備えて砂糖をまぶしたお餅をこしらえていたことから武田「信玄」の名をとってつけられたという逸話。
ただし、近年では信玄餅と武田信玄は無関係ではないかといわれています。
明治22年創業の老舗「桔梗屋」山梨の銘菓「桔梗信玄餅」の中丸社長は、こんなことを言っています。

「信玄」と銘打っているが、戦国武将である武田信玄とは何の関係もないそうだ。武田信玄が餅を好んで食べたという歴史的な事実は一切存在しない。開発者の中丸さんは「山梨県を代表するお土産になって欲しいという願いを込めて、山梨を代表する武将・武田信玄の名前をお借りした」と話す。
出典|東洋経済ビジネスオンライン

山梨といえば武田信玄→武田信玄の名前を拝借しよう!という考えだったのでしょうか。
それでもここまで有名になったのは素晴らしいことだと思います。




福岡県の「筑紫もち」とは

引用:e-sweets.info

福岡県福岡市博多区にある「五十二萬石本舗 如水庵(じょすいあん)」で発売しているのが「筑紫もち」です。
筑紫もちは蒸気をお餅に練り上げ、砂糖を入れてさらに練っていくという手法をとったお餅を使用しており、時間が経っても固くならないそうです。
その後おもちを冷まし、きな粉をまぶして容器にいれます。
あっさりと食べやすい黒みつは信玄餅と同様別の容器に入っていて、食べる直前にかけていただきます。
モンドセレクションの国際優秀品質賞を7年連続で受賞しているという人気のお菓子です。

福岡県の「筑紫もち」の起源・由来

筑紫もちの起源は、「株式会社五十二萬石本舗」社長の森恍次郎氏が幼い頃に福岡県にある母方の実家で食べた、祖母のきなこ餅にあるといわれています。
おばあちゃんのきなこ餅は、焼いた餅を一度湯にひたして柔らかくしてから、きな粉と砕いた黒砂糖をまぶすという作り方だったそうです。
その後、昭和52年(1977年)、森社長は祖母のきなこ餅をヒントに「筑紫もち」を開発しました。
「筑紫」の読み方については、古事記や日本書紀には「つくし」と表記されていることや、多くの地域では「つくし」と発音することから「つくしもち」というのが公式な読み方とのことです。
ただし、地元博多では「筑紫」を「ちくし」と発音することも多く、如水庵は「ちくしもち」も正式な読みであると発表しています。

まとめ

一見全部同じかと思いきや、お餅、きな粉、黒みつのそれぞれにこだわりのポイントがあり、それぞれに違ったよさがあることがわかりました。
山梨の信玄餅は黒みつが濃厚であるのに対し、筑紫もちはあっさりといった違いもあるようです。
起源や由来もそれぞれ異なり、開発者の想いを感じました!
どのお菓子も40年以上老若男女に愛されている商品です。
歴史を感じつつ、その素朴な味わいを感じてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です