信玄餅のカロリーは1個どのくらい?

山梨県の名産品といえば、思い浮かぶのはなんでしょうか。
ほうとう、ぶどう、梨、信玄餅・・・。
美味しくてついつい食べ過ぎてしまうものばかりです。
今回は、山梨の銘菓である「信玄餅」のカロリーや糖質について特集しました。




「信玄餅」とは?

山梨県の銘菓、「信玄餅」をご存じでしょうか。
信玄餅のルーツは、お餅に黄な粉と黒みつをかけて食べる「安倍川もち」にあるといわれています。
山梨県のお隣、静岡県静岡市を流れる安倍川。
江戸時代初期、将軍・徳川家康が安倍川の川岸にある茶店に立ち寄った際、店主ががつきたてのお餅に黄な粉をまぶした菓子を家康に献上しました。
そしてこう言ったと言われています。
「安倍川に流れる金の粉をまぶしてつくる、金な粉餅です」
これを聞き、その美味しさに大層喜んだ家康は、安倍川にちなんで「安倍川もち」と名付けたそうです。
山梨県では、お盆に安倍川もちを仏前にお供えするという習慣があり、古くから親しまれていました。
後に山梨を代表する銘菓となる「信玄餅」は、安倍川もちから発想を得て作られたとされています。




信玄餅には2種類ある!?

引用:blog.livedoor.jp

信玄餅の生みの親は明治22年(1889年)創業の老舗和菓子屋、「桔梗屋」です。
創業から約80年後の昭和43年(1968年)に「桔梗信玄餅」は誕生しました。
モンドセレクション金賞を何度も受賞しており、幅広い世代に愛され続けているお菓子です。
桔梗信玄餅発売後の年後に誕生したのが「金精軒」の「信玄餅」です。
商標登録は金精軒が「信玄餅」としてされているため、「信玄餅」という名を持つのは金精軒のもののみです。
(桔梗屋は「桔梗信玄餅」として商標登録しています)
「桔梗信玄餅」は餅粉に砂糖や水飴を加えて練り上げた求肥(ぎゅうひ)を使用しているため、餅がのび〜る仕様になっています。
それに対し、「信玄餅」は、日持ち加工(求肥)を抑え、もち米の配合比率が高いお餅を使用しています。
どちらの信玄餅もとても美味しいので、機会があれば食べ比べてみたいですね!




気になる!信玄餅のカロリー(一個)

美味しいのでついつい手が伸びてしまう信玄餅。
原材料はとてもシンプルです。
金精軒「信玄餅」砂糖、餅米粉、黒蜜、きな粉(大豆)、水飴
桔梗屋「桔梗信玄餅」砂糖、水飴、黒蜜、餅粉、黄名粉(大豆)
原材料表示は含有量の多い順に表示していますので、桔梗屋の方が甘味料が多く含まれているのがわかります。
カロリーが低そうなものは、きな粉のみ・・・。
さて、カロリーはどのくらいなのでしょう。
桔梗屋のホームページには記載されていませんでしたが、金精軒の方には書いてありました。

黒蜜をかけない状態で 100g 237kcal
信玄餅 1個60gあたり 142kcal (黒蜜なし)
190kcal (黒蜜あり)

黒蜜ありの190kcalは、白ごはん小盛(110~120g)に換算します。
やはり砂糖にお餅に黒蜜がカロリー高めの原因ですね...!

信玄餅の糖質はどれくらい?

カロリーと同じくらい気になるのが糖質です。
信玄餅の糖質は、1個当たり推定44.6gです。
白ごはん150gの糖質が約55gですから、結構高めであることがわかります。
ごはん1杯を我慢すれば信玄餅1個食べられますね・・・!
ただ、信玄餅は他のおやつよりも腹持ちがよい商品であることは間違いありません!
ダイエット中の方は1日1個までにしておきましょう!

さいごに

今回は信玄餅のカロリーや糖質についてまとめました。
少しごはんを抑えてまで食べたい信玄餅。。
美味しくてつい食べ過ぎてしまうので、正しい知識を持って食べるようにしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です