赤福の値段 8個と12個入りはどっちがお得?

三重県名物赤福。

赤福をなかなか購入することができない地域に住んでいる人にとっては、購入する機会に巡り合えた時にはぜひ手に入れたいものですよね。

折箱8個入りや銘々箱3箱など様々な個数で販売していますが、一番お得に購入することができる個数はあるのでしょうか?

今回はそのことについて紹介していきたいと思います。




8個入りと12個入りどっちがお得?

 

引用:https://helclife.exblog.jp/23982412/

赤福の折箱は8個入りと12個入りの2種類で販売をしています。

8個入りは760円(税込み)ですので1個あたりの値段は95円

12個入りは1100円(税込み)ですので1個あたりの値段はおおよそ92円です。

8個入りと12個入りだと1個あたりの価格は12個入りの方が少しお買い得ですね。

しかし、赤福は消費期限が短いです。

夏期間は製造日共2日間、冬期間は製造日共3日間しか日持ちしませんので、消費期限内に食べきれる個数を買うことがベストです!!

1個あたりの値段がお得だからといって12個入りを買っても、消費期限内に食べきることができなければもったいないことになってしまいますので、その点も考えながら購入するのがおすすめです。




銘々箱と折箱、1個あたりの値段は変わる!??

引用:https://twitter.com/my_daimaruumeda/status/870475729137418240

赤福は折箱と銘々箱で販売されています。

銘々箱とは、赤福をとりわけやすいように2個ずつ紙箱のパッケージにつつんだ商品です。

2個入りが1箱、3箱、6箱、12箱、18箱の取り扱いがあり、贈り物やお配り用などに使われています。

価格 1個あたりの値段
1箱 240円(税込み) 120円
3箱 720円(税込み) 120円
6箱 1440円(税込み) 120円
12箱 2880円(税込み) 120円
18箱 4320円(税込み) 120円

どの数量の銘々箱も1個あたりの値段は120円になりますので、銘々箱で3箱入りを買うよりは8個入りの折箱を買う方が1個あたりの値段はお買い得になります。

しかし前述したとおり赤福は消費期限が短いので、8個入りの折箱を買っても消費期限内に食べきれないというときには、銘々箱で消費期限内に食べきれる個数の物を買う方がお買い得ですね!!




赤福商品は他にもある!?

贈答用「甑(こしき)」

引用:http://www.akafuku.co.jp/product/koshiki/

その昔米などの穀物を蒸す土器として使われた甑。

その甑に見立てて作られた木の箱に、赤福餅を贈答用として詰めた商品です。

購入には事前の予約が必要ですが、きれいなピンク色の風呂敷に包んで用意してくださるので、贈り物やお祝いの席に持っていくにはぴったりの商品です。

値段 1個あたりの価格
甑(1段)9個入り 1600円(税込み) 約178円
甑(1段)16個入り 2130円(税込み) 約133円
甑(2段)32個入り 3260円(税込み) 約102円

こちらは個数が多い商品ほど1個あたりの値段が安くなるようです。

いすず 野あそび餅

引用:http://www.akafuku.co.jp/product/noasobi/

2017年7月に創業300年以上を誇る赤福が100年以上ぶりに販売した新商品として話題となったいすず野あそび餅。

通常の赤福餅、白小豆と手亡豆を合わせた野あそび餅「白」、夏期は大麦若葉、冬期はヨモギを使った野あそび餅「緑」、黒糖が入った野あそび餅「黒」の4種類が2個ずつ、計8個入ったお土産品です。

四季を通じて野あそびを楽しむ子どもたちのような気持ちで作られています。

値段は8個入で760円(税込み)と通常の赤福8個入760円(税込み)と価格が同じなので、4種類食べることができるいすず野あそび餅はぜひ食べてみたいですね。

残念ながらこちらは宅配サービスでは購入することができず、販売場所は五十鈴野遊びどころ内 赤福 五十鈴川店(赤太郎ショップ前の臨時売店)のみとなっています。

12時30分から販売開始、おひとり様5箱までで商品が売切れ次第販売終了と数も限られています。

三重県に行った時にはいすず野あそび餅もお見逃しなく!!

まとめ

今回は赤福の値段について折箱から銘々箱、その他の赤福商品についても詳しく紹介してきました。

1個あたりの価格はそれぞれの商品で異なりますが、

「赤福は消費期限が短いから期限内に食べきれる個数を買う!!」

ということが一番お買い得な買い方なのではないでしょうか。

三重県から離れた土地に住んでいる方にとっては「なかなか買えない商品だからたくさん入っていて1個あたりの値段が安い物を買いたい。」と考えがちだと思いますが、

赤福は消費期限が短い!!

どうぞこのことを念頭においておいてくださいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です